久田和広の気になるニュース 最強寒波

こんにちは、久田和広です。今回は最強寒波のニュースについて記載します。

1年間でもっとも寒い月、1月に最強の寒波がやってきました。少し前までは、世界各地で「史上最も暖かい新年」と言われるような過ごしやすい冬だったはずです。しかし、今年ときたらどうでしょう。北半球は寒波一色、地域によっては「ほとんど経験したことのないような寒波に大雪」と予測されていました。

アメリカでは「5000万人以上の人達が大雪と猛烈な冬の嵐の影響を受ける」と言われていました。「100年に1度の大暴風雪」との報道もあります。少なくとも歴代の降雪記録の観測史上2位1899年2月12日の記録は超えそうだとのことです。

また、ロシアも-34℃など厳しい気温を記録しています。ヨーロッパでは60人以上の死者が出ています。川には大量の氷が流れ、ドイツでは氷漬けになったキツネも発見され話題になりました。鹿やイノシシも凍った状態で発見されるそうです。今回の寒波の厳しさを象徴しています。

今は暖房機器が充実しているのでまだ良かったと思いますが、暖房機器が充実していない昔はもっと大変だったのだろうかと考えると恐ろしいです。

今年は「最強寒波」と言われていますが、今後、例えば来年がもっと寒かったら何と言われるのでしょう…「最強」の上はなかなか思いつきません。まだまだ寒い季節は続くと思いますので、寒さを凌げる建物や暖房機器が充実している時代に生まれたことに感謝して今冬を乗り切ろうと思います。