久田和広の気になるニュース ジェネリック医薬品について

こんにちは、久田和広です。今回はジェネリック医薬品について記載します。

病院で診察を受けて薬局で薬を処方してもらう時、ジェネリック医薬品にするか聞かれますよね。

ジェネリック医薬品は後発医薬品といって、特許の切れた医薬品です。従来処方される新薬と同じ有効成分、同じ効き目の価格の安い薬であることが知られています。

先日インターネットで「ジェネリック医薬品に抵抗あるか」というアンケートがありました。

久田和広は薬の効果が同じであれば、まったく抵抗はありませんのでもちろん「いいえ」を選択しました。

むしろ新薬より安くていいじゃないですか。なぜ抵抗のある人がいるのだろうと思っていました。

しかし、ジェネリック医薬品に問題点を指摘する声がありました。

ジェネリック医薬品の特許が切れたのは物質特許であり、薬の本体のことなので完全に特許が切れたわけではないようです。薬の有効成分は特許が切れています。

薬の特許には2種類あり、物質特許(薬の有効成分の特許)と製剤特許が存在します。

製剤特許が切れていない場合は同じような添加物が付けられません。添加物が違うと薬の溶け方や吸収時間も変化します。

また、薬には錠剤・カプセル・粉など様々な形状がありますが、コーティングや内部構造で同じ錠剤であったとしても違うものになってしまいます。

結果、「薬が効かない」「薬が効きすぎる」といった問題が生じる可能性があるようです。

そのため、副作用が出やすい薬や服用に慎重な注意が必要な薬はジェネリック医薬品を選択しない人も少なくないようです。

最終的に決定するのは自分達です。ジェネリック医薬品だけでなく、正しい情報を仕入れて適切に判断することが求められると思いました。久田和広も今後は慎重に見極めようと思います。