久田和広の気になるニュース ゴミの中から大金

こんにちは、久田和広です。今回はゴミの中から大金が出たことについて記載します。

たまにありますよね。最近ですと6/20頃、福島県田村市で1000万円見つかりました。

清掃センターの3人の作業員が見つけ、うち1人が現金の一部を市に届け出て、2人が自宅にお持ち帰りしたとのことです。

届け出たのは3人中1人、それも現金の一部です…。

お持ち帰りした2人は「持ち主がわからないので、別にいいと思った」などと話していたようです。お持ち帰りした人の気持ちが痛いほどわかります。

しかし、お持ち帰りしたら犯罪ですよね。

久田和広は小心者なので、すぐに警察に届けます。数年前にショッピングセンターで1万円札を拾ったことがありますが、小者の私は拾った1万円が怖くてすぐに届けました。

きっとネコババしていたら、一生後悔します。

友人とも話していましたが、久田和広は小心者過ぎて500円であっても届けます。警察も苦笑してしまうかもしれません。

それに、一定期間が経過した後、持ち主が名乗り出なければ自分のものになるじゃないですか。

一生後悔するのと晴れ晴れしく1万円が手に入ったのとでは、気持ちに雲泥の差があります。届けて本当によかったです。正しいことをするのが良いと実感します。

それにしても1000万円て…。たまに大金が見つかるニュースがありますけど、何のお金なのでしょうか。こわいですね。

今回の場合は一人が一部を届け出ていなかったら、完全犯罪が成立したのでしょうか。完全犯罪が成立していることが結構あるかもしれませんね…