久田和広の気になるニュース 土用の丑

 

こんにちは、久田和広です。

今回は土用の丑について記載します。

土用とは立夏・立秋・立冬・立春の直前およそ18日間の期間を表します。

むかしの暦では日付けを十二支で数えていたことから、土用の丑の日は土用の期間内の丑の日のことをいいます。

土用は毎年違う期間になるため、土用の丑の日も毎年違う日になります。

立夏・立秋・立冬・立春の直前の期間なので夏だけでなく1年の間に数回あります。

土用の丑の日=うなぎを食べるというイメージが非常に強いですが、うなぎ以外にも「う」のつく食べ物がよいといわれています。

うどん、ウリ、梅干し、ウサギ(!)、牛、馬などです。

馬肉はともかく、ウサギを食べるのは抵抗がありますが、土用の丑の日に食べるものとしては縁起がよいようですね。

これらはどれも食欲がない時に食べやすいものばかりです。また、栄養価が高く、夏バテ防止に一役買います。

今年の夏の土用の丑の日は7月25日と8月6日です。もし7月25日にうなぎを食べ忘れても、8月6日がありますよ。うなぎが嫌いだったり、特に土用の丑だからって食べませんけど、という人以外はうなぎ以外の食べ物も食べてみるのはいかがでしょうか。

夏の土用の丑の日はむかしから、元気に夏を過ごせるようにという願いが込められています。体調を崩しやすい時期ですので、しっかりと食べて休んで過ごしたいと思います。