久田和広の気になるニュース 「卵」と「玉子」について

 

こんにちは、久田和広です。

今回は「卵」と「玉子」の使い分けについて記載します。

たまごを漢字で表す時に「卵」だったり「玉子」だったりするのはなぜでしょうか。そもそも「卵」が平安時代から鶏卵の意味に使われており、その当時は「かいご」「かいこ」と読まれていたそうです。室町時代になると南蛮貿易で新しい文化が入り、カステラなどの鶏卵を使った料理が広がりました。

「玉子」が使われるようになったのはその後ですね。鶏卵は宝石のように美しくて丸い玉の中に子供が入っていることから「玉子」が使われるようになりました。しかし「卵」も残ったため、現在も両方使われているようです。

気になる使い分け方ですが、明確な理由がありました。

『卵』は孵化して育つことを前提としたものをいうそうです。また、トリだけでなく魚や虫の卵のことも指します。食材の鶏卵なら生の状態のものを『卵』、調理されたものを『玉子』と表すようです。

卵:生卵、卵かけごはん(TKG)

玉子:玉子焼き、玉子丼

てな感じですね。

しかし、「ゆで卵」や「卵焼き」とも使うじゃないですか。それに最近はひらがなでも使われていますよね。「たまごサンド」のような。

『卵』の方が使う機会が多いようです。「卵」「玉子」「たまご」とたくさん表記があるのはたまごが昔から身近なもので親しまれているからといえます。結局使い分けができていませんでしたが。どっちでもいいのですね。