久田和広の気になるニュース 「おでんはおかずになるか」について

こんにちは、久田和広です。

今回は「おでんはおかずになるか」について記載します。

一言で言ってしまうとその人次第な問題です。

 

インターネット上でこの論争は永遠に続いており、「おでんをご飯のおかずにできる人間とだけは絶対に関わりたくない」という激しい問題にも発展しています。

久田和広もおでんというとごはんのおかずというより、酒の肴という認識があります。そういえばおでんでごはんを食べたことがありません。

しかし、出汁によっては、おでんも十分にごはんのおかずになるんじゃないかと思います。

一般的に関東では濃い口醤油を利かせた甘じょっぱい味付けで、関西では薄味で出汁が利いている味付けといった傾向ですよね。

そして、白いごはんのおかずというと濃い味付けが合うと思います。なので、いつも関西風のおでんを食べている人でおでんをおかずにできないという人は、一度関東風の出汁を使ったおでんでトライしてみてはいかがでしょうか。また、おでんをごはんのおかずにすることはできないけれど、おでんのだし汁をごはんにかけて食べるのは好きというコメントもありました。たしかにおいしそうです。久田和広もおでんのだし汁をごはんにかけたいですね。

「実はごはんのおかずにならないと思っているもの」のアンケートでは常におでんは上位です。ぐるなびの調査によると、現時点ではおでんが「おかずになる」派およそ7割、「おかずにならない」派がおよそ3割となっており、おかずになる人が多い傾向のようですね。