久田和広の気になるニュース 「ランニングで脇腹痛」について

こんにちは、久田和広です。

今回は「ランニングで脇腹痛」になることについて記載します!

ランニング時に脇腹痛になったことはありませんか。

大人になるとあまり走る機会自体がありませんが、健康のためにお金がかからないランニングを始めようと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

久田和広も先日ランニングを始めたのですが、いきなり走ったからか脇腹が痛くなりました。

トレーナーの話によると、痛くなる箇所で原因が違うようです。

右脇腹:ランニングなどの刺激で内臓が揺れ、横隔膜が引き上げられるため痛くなる

左脇腹:脾臓が急な運動によって揺れるため痛む

また、大腸にガスや便が溜まっていたり、下痢状態で運動すると痛みが出るようです。

走るスピードを落とすと臓器の揺れは小さくなると話しています。また、ラクな運動の方が体脂肪を燃焼させるそうです。お腹の痛みを軽減する対策となりますが、ダイエットにも効果的のようですね。

痛くなってしまった時は次のようなストレッチで解消できるそうです。

1.両手のヒジ同士をつかみ合って四角形をつくります

2.その手の形のままバンザイします

3.右脇腹が痛い場合は身体を左側に、左脇腹が痛い場合は右側に倒してその姿勢のまま30秒キープします

このストレッチを行なうことで横隔膜の拡張を防いだり、大腸にたまったガスが分散されます。痛みを少しでも感じたら行ないたいですね!

痛みが起きない方法もありました。

ランニング時、左足の時に呼吸をすると良いそうです。

右足か左足、どちらか一方の足で呼吸をするサイクルがあるようなので、左足が地面に着く時に呼吸をするようにすると良いのだとか。

どっちかの足が地面に着く時に呼吸するとか…考えたことがありませんでしたが、今度試してみたいと思います!

久田和広はよく学生の頃に脇腹痛に悩まされていたと思うので、学生の頃に知ってたらなあ~と思います。

腹痛