久田和広の気になるニュース 「フードロス」について

こんにちは、久田和広です。

今回は「フードロス」について記載します。

 

以前、恵方巻きの大量廃棄について記載した時も少し触れましたが、フードロスは深刻な社会問題です。

売れ残りや食べ残し、期限切れ食品など、本来は食べられるはずの食品が廃棄されることをいいます。

日本のフードロスはおよそ半分が家庭で発生しているようです。

外食での食べ残し、スーパーでは賞味期限が遠いものから購入する、きれいな形の野菜しか購入しないなど、日常生活での自分達の行動も影響しています。

 

なんと日本では年間およそ632万トンも廃棄されているようです。日本人1人当たりに換算すると毎日お茶碗1杯分(136グラムくらい)捨てていることになります。

たくさんの食品を購入しておきながら、たくさんの食品を捨てているわけです。

このようなフードロスがなくなると、環境にも家計にも良いことが多くなりますので、フードロスをなくす工夫を記載します。

 

・食材が安いからといって買いすぎない

・在庫をしっかり確認し、不要なものを買わないようにする

・買ったものは使い切る/食べきる

・残った食材は別の料理に活用する

・消費期限と賞味期限の違いをしっかり理解する(賞味期限:その日までおいしく食べられる/消費期限:その日の後はやばいので廃棄)

・外食時もセットメニューで多いと思うものはあらかじめ減らしてもらう

・外食で注文時に少なめにできるか聞いてみる

・外食で持ち帰り可能かどうか聞いてみる

 

食べられるものを廃棄するなんてもったいないことです!

久田和広はこれからもフードロスを少しでもなくせるよう、上記のことを実践します。

フードロス