久田和広の気になるニュース 「子供用ハーネス」について

こんにちは、久田和広です。

今回は「子供用ハーネス」について記載します。

最近ニュースを見て知ったのですが、子供用のハーネスが発売されているようですね。

ハーネスとは、散歩の時などに主にワンの首に付けて飼い主が手綱を握っているあの紐です。犬は猿などにつけていますね。犬は散歩の時に自由行動したくなるかもしれませんが、ハーネスがあれば車に飛び出したり、よその犬とのケンカを避けたり、人を噛みに行くなどの心配もなくなります。

そのハーネスを子供に付けるとは…子供はペットなのでしょうか。子供はワンではありません…と思いましたが、実際に売られている子供用のハーネスは首につけるものではなく、リュックタイプやチェアベルトなどがありました。

子供が元気なのはとても良いですが、場合によっては周りの人に迷惑をかけることもあります。

そして、何よりも子供自身が危険な目に遭わないようにするためにもハーネスをつけていいのではと思います。

親がしっかり見ていないから子供がケガをしたり、迷惑をかけるのだと思われがちですが、どうしても見ていられない時だってあるでしょう。子供の行動は予測不能です。

また、先ほども記載しましたが、ハーネスとはいえ、首に付けるタイプではありません。

動物や虫などのリュックタイプや胴体に付けられるベルトタイプなどがあります。

子供用のハーネスは使うご家族次第だと思います。ペットのように「こっち来なさい」と引っ張るようなことをせず、本当に危険な時や目が離せない時などに活躍させると良いと思います。ハーネスを使わずに手をつないであげるのが一番良いですが、うまく活用して大切な子供の命を守ってあげられると良いですよね。

親子