久田和広の気になるニュース 「夏でも猫バンバンすること」について

こんにちは、久田和広です。

今回は「夏でも猫バンバンすること」について記載します。

暑い日が続いております。人も動物もみんな暑いですよね。涼しいところを求めて生き物がさまよっています。

猫さん達は涼しい場所をよく知っています。暖かい場所もよく知っています。「猫バンバン」はエンジンルームに入っている猫の命を助けるため、主に冬に行なうことが周知されていますが、バンバンするのは夏も必要というニュース記事を見ました。

冬はしっかり猫バンバンしていますが、夏はしていませんでした。日陰のため、エンジンルームは炎天下よりもずっと涼しい空間です。夏にも猫バンバン…気づきませんでした。

ニュース記事では、暑い夏の日にボンネットから猫の声が聞こえたため、エンジンルームを確認してみたら子猫が5匹入っていたそうです。怖いですね。猫の存在がわかって本当によかったです。エンジンルームには小さな穴があり、その穴から猫が侵入しているようです。エンジンルームの穴はエンジンの熱を逃がす機能を持つため、ふさぐことは難しいようです。

クルマメーカーが対策してくれると早いですが、クルマの利用者が猫バンバンして確認するのが一番良いでしょうね。子猫は身体が小さいので考えられない場所にも入れますので、久田和広もクルマのエンジンルームだけでなく、様々な場所に注意を払って猫やその他の生き物の命を助けられたらと思います。

猫ばん