「売れ残りでも一切寄附しないコンビニ」について

こんにちは、久田和広です。

今回は「売れ残りでも一切寄附しないコンビニ」について記載します。

 

コンビニにお弁当やサンドイッチなど食品がたくさん陳列されていますが、廃棄が毎日全国で一日あたり384~604トンあると考えられています。

商品の棚から下げる時はまだ賞味期限は切れていません。賞味期限の前に「販売期限」というものがあり、その販売期限を過ぎると棚から下ろされます。

店長の一存で、まだ食べられる食品を従業員にあげたりしているコンビニももちろんあります。また、家族で食べたり、知人にあげているという店長もいます。それから、リサイクル工場に送ったり、スーパーで見られる値下げ販売も行なう店長もいます。

値下げして販売することを「見切り販売」といいますが、この見切り販売をしたことで大幅に廃棄量を減らせた実績もあります。

しかし、コンビニでは見切り販売をするよりも廃棄する方が本部の利益が多くなっているため、見切り販売は本部にとって好ましくなく、推奨されていないのだそうです。

各コンビニ店舗側にも本部から廃棄補填が出るため、期限が来たらすべて棚の商品を入れ替えていることもあると話す店長もいます。「廃棄の補填を本部が出してあげるから、売り場をにぎやかにしてください」ということでお金を出すそうですが、いくら食品リサイクル法といった法律があっても、廃棄の補填がたくさん出ていると廃棄は減らないと考えられます。

まだ食べられるものを大量に廃棄する傍らで、国内に飢えで苦しんでいる人も実際に存在します。たしかに衛生事故や転売があるくらいなら捨てた方がましだという意見もありますが、単純に食べ物に困っている人に渡るといいのにと思います。ですが現実はなかなか難しそうです…。

0424コンビニ弁当

久田和広の気になるニュース 「ごみを減らすこと」について

こんにちは、久田和広です。

今回は「ごみを減らすこと」について記載します。

環境省によると日本人1人あたりが1年間に出すゴミの量は320kgなのだそうです。他の国はどれくらいかというと、フランスが180kg、ドイツが140kg、アメリカが100kgです。不名誉ですが日本はぶっちぎりで1位です。

他の国と比べてなぜ日本はこんなにゴミだらけなのでしょうか。

オーストリアなど他の国では「デポジット制」があります。

デポジットは預り金のことです。商品を買う時に一定の預り金が取られ、使用後に購入品をお店に持っていくと預り金が返却されます。

ジュースのビンなどのデポジットは割とよく聞きますが、環境の先進国では車、家電品、蛍光灯、電池にも導入されているそうです。

例えば日本で冷蔵庫を廃棄する場合はデポジットがないため、処分するのに処分代がかかるため、不法投棄が増えています。デポジットを取り入れている国なら廃棄する時にデポジットが戻ってきますので、不法投棄が少ないということです。

 

また、日本は「おもてなし」の考えからか過剰包装になっている傾向がみられます。

友達へのプレゼントにきれいにラッピングしてもらうことはうれしいことでもありますが、包装紙はほとんど捨てることになるでしょう…。

お菓子やおみやげはもちろん、スーパーでの買い物でも新しいレジ袋を当然のように使うことがありますが、ドイツのスーパーでは多くのお客さんがマイバッグを持参しています。

ごみを減らすには、一人一人が気を付けなければいけないと思います。

無駄な物を買わない、紙袋はもらわない、マイバッグを持参する、使い捨てのトレーなどを避ける、繰り返し使えるもの(電池ならエネループなど)を買う

などできることから始めていきたいと思います。

0417ごみ

久田和広の気になるニュース 「ラマダン」について②

こんにちは、久田和広です。

今回は前回に続き「ラマダン」について記載します。

ラマダンとは、イスラム教徒が毎年行う断食と禁欲の期間です。

疾病のある人や旅に出ている人はラマダンを免除されます。旅に出ている間のラマダンは正しくない、ラマダンをしなくても神はあなたを愛してくれるといわれています。また、高齢者も免除されますが、貧しい人への施しをするようにと説かれています。

ラマダン中のイスラム教徒は、普段よりもコーラン(イスラム教の聖典)を長く読んだり、神であるアッラーに祈りを捧げる時間を多く取ります。

人に会いに行くこともよいこととされ、日頃からあまり会えない人や親戚に積極的に会いに行くとよいそうです。

中東地域の9割以上がイスラム教徒のため、仕事や生活がラマダン中心になります。企業・役所は午前9時または10時から午後3時くらいまでの勤務になります。仕事よりも宗教の行事が優先されます。

イスラム圏に住んでいてイスラム教徒出ない人は、ラマダン中の断食はしなくて良いですが、イスラム教徒の前で食べ物を食べることは控えるよう通達されます。

・ラマダンの終わり、イフタール

断食をしていたラマダンが終わるとイフタール(断食破り)です。

イフタールではイスラム教徒同士はもちろん、隣人や通りすがりの人とも食事をします。街を歩いていたら「食べていきなよ!」と声がかかることがあります。

イフタールではすぐにガツガツ食べるのではなく、まず水分から取ります。ルーオブザというローズシロップの飲み物がよく飲まれています。ナツメヤシ、フルーツサラダ、サモサなどもいただきます。

また、イフタールの後に夕食を食べ、さらに夜明け前の食事も摂って太ってしまう人もいるそうです。

・ラマダン終了のお祭り、レバラン

ラマダンが終わると街中が日本の正月のようなお祝いとなります。地域によってはお店も役所も閉めてしまい、お祝いします。

モスクへ礼拝に行ったり、服を新調したり、大掃除もします。

とても興味深いです。こういった異文化に触れるのも素晴らしい人生経験のひとつです。ラマダン期間にイスラム圏に行ってみたくなります。

もちろん、「食べていきなよ!」と声がかかるイフタールの時期を狙って行くようなことはしません!

0410ラマダン

久田和広の気になるニュース 「ラマダン」について

ラマダンとは、世界中のイスラム教徒が毎年行っており、1か月間の断食とあらゆる禁欲が課せられます。

ラマダンについてはSNSで知り、調べてみたくなりました。

ラマダンでイスラム教徒がなぜ断食や禁欲をするのか。それは主神であるアッラーへ感謝を捧げるためです。

ラマダンはイスラム圏だけの行事ではなく、世界各地に住んでいるすべてのイスラム教徒にとって神聖な行事です。

気になるラマダン期間中のルールはこちらです。

・飲食禁止

水の一滴も飲んじゃダメ!というわけではありませんでした。

期間中の日の出~日没までの時間(大体朝5時半~夕方5時頃)の飲食が禁止されます。例え真夏であってもラマダンの時期は日の出~日没までの時間に水を飲んではいけません。日の出の前に水をたくさん飲んでおくなど対策を取ります。

・その他禁止事項

喫煙、性行為も日の出~日没までの時間は禁止です。

この期間は「善人であれ」とされ、親切にしたり、おごる行為も多くなります。この期間の噂話、悪口などは最大の罪とされています。

悲しいことに、ラマダンの時期にはテロが多くなります。テロといっても実行犯達は「神のため」にしている行為に当たるからのようです。

SNSで少しだけUAEの生活を見たことがあり、その時から砂漠での生活やラマダンに興味があります。旅行者としてUAEやイスラム圏を訪れたら、僕もぜひラマダンに参加してみたいと思います。

0403ラマダン

久田和広の気になるニュース 「ビュッフェレストランで大食いの人が来ても大丈夫な件」について

こんにちは、久田和広です。

今回は「ビュッフェレストランで大食いの人が来ても大丈夫な件」について記載します。

僕は年を取ってからほとんど食べホに行かなくなりました。たくさん食べたい!という欲求がなくなってきているんです。

もう少し若い頃は喜んでいろいろなバイキングレストランに足を運んでいました。カレー、和食、サラダ、スイーツ、イタリアン。…新宿のある新しくできたビュッフェレストランに行った時に、◯姉妹から花が届いていたことを思い出します。

本題ですが、僕もずっと「大食いの人が来たらお店が潰れるのでは」と思っていました。

例えば、1人で2人前以上食べる人。これはお客さんはもちろん、ビュッフェレストランにとっても喜ばしいことのようです。

費用には変動費と固定費があります。

固定費は従業員の給料、場所代などで、変動費は食材の費用。変動費はお客さんが食べるにつれて増えますが、固定費はお客さんがいくら来ようと変わりません。

さらに変動費は私達が考えているよりも低いらしいです。仮に変動費をおよそ3割として、例えば1500円の料理をお客さんが注文すると、変動費が500円、利益が1000円です。

そしてレストランの固定費が10万の場合、お客さんがいないと10万の赤字ですが、お客さんが1人くれば赤字が1000円ずつ減っていき、100人来店すると赤字でなくなり、101人からは利益になります。

さらにビュッフェの場合はお客さん1人ずつ分の料理を提供するわけでなく、たくさん作って大皿に盛り付け、お客さんがそこから好きなだけ取り分けるので、調理師さんやホールの人件費もそこまでかかりません。大して高くない変動費は増えますが、集客によって利益を上げて、固定費を抑えることができます。

だそうです。

とはいえ、テレビに出ているようなフードファイターが集団で来店したら、さすがに暗雲が立ち込めるのではないか、と思いました。まあそんな状況はなさそうですが。

0327ビュッフェ