久田和広の気になるニュース 「エクソシスト(悪魔祓い)」について

こんにちは、久田和広です。

今回は「エクソシスト(悪魔祓い)」について記載します。

エクソシスト(悪魔祓い)といったら映画が有名ですよね。僕だけかもしれませんが、「エクソシスト=ホラー」のイメージが強く、本来の「悪魔祓い(聖職者)」という意味を忘れることがあります。

このエクソシスト(悪魔祓い)の需要が最近高くなっているようです!あ、日本国内でなくて、世界の話です。イタリアでは年間50万件も悪魔祓いが行なわれているようです!

僕からすると、悪魔ってホントにいるの…?と思ってしまいます。

少なくともイタリアで需要が増加しており、これを受けてバチカンでエクソシストを養成するコースが新たに創設されるといわれています。

なぜ悪魔祓いをする人が増えたのか?それは占いやタロットが原因ではないかと考えられています。占いが「悪魔に取り憑くための扉を開く」ものだとイタリアの神父が話しています。

イタリアでは1300万人、およそ成人の4分の1にも上る数の人が日常的に占いに足を運んでいます。これは経済危機によって多くの若者が職を失った背景があり、占いに救いを求める人が増えたそうです。イタリアでは占いで80億ユーロ、日本円にして1兆550億円もの金額が動いたそうです。

絶望したり、自分のちからでどうにもならないと判断してしまった時は占い等に頼ってしまうのでしょうか…。これはイタリアだけの話で済まされませんね。。僕も路頭に迷って絶望した時は何かにすがりたくなってしまいます…おそらく

0612バチカン